【インフォメーション】

  • 2019.11.13 Wednesday
  • 12:43

※この記事は常にTOPに表示されます

 

 

【イベント参加予定】

 

2019年

○11/24 コミティア130:ハイファンタジー小説

 西1ホール U68a

○11/30 COMICCITYSPARK14-Day3:ボクタイ

 申込済・配置情報待ち

○12/29 コミックマーケット97:ボクタイ

 西地区 け08b

 

 

 

【作品掲載HP】

創作ファンタジー『スカーレッド』

 カクヨム→https://kakuyomu.jp/works/1177354054889614826

 アルファポリス→https://www.alphapolis.co.jp/novel/761580114/168283848

二次創作・イベント告知など

 →https://www.pixiv.net/member.php?id=15163879

 

 

【通販ページ】

 https://erzahler-beni.booth.pm/

※現在は自家通販のみです。

※在庫は予告なく整理することがあります。

【イベント告知】COMITIA130/創作ハイファンタジー

  • 2019.11.13 Wednesday
  • 12:40

 

お知らせが遅くなってしまいました。

11/24コミティア、無事スペースいただけました。

【西1ホール U68a】になります。

 

「リトル・ヴィーナス」の冊子版がコミティア初出しとなりますので、よろしければお立ち寄りください〜。

 

以下、告知です。

 

 

Pixivサンプル→https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=11325681 

 

Twitter創作告知用垢→@scoreland_info

 

また、カクヨム/アルファポリス掲載中の同作も、全文を冊子版と同じものに差し替えました。

そちらも参考までにご覧ください。

【イベント告知】ALLSTAR9/ゼルダ

  • 2019.08.23 Friday
  • 09:47

 

〔イベント開催情報〕

2019/9/15(日)

東京ビッグサイト南展示棟

某老舗ゲーム会社オンリー「ALLSTAR9」(「GOOD COMIC CITY26」内併催イベント)

 

〔サークル情報〕

《Erzahler》

3ホール:フ31b(ゼルダの伝説)

 

 

〔おしながき〕

 

新刊サンプルへのリンクはこちら

 

ゼルダ個人誌+アンソロ寄稿作品再録集『Memoria』

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=11315907

 

ブレワイ(リンゼル)短編本『波打ち際でうたかたは唄う』

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=11375814

 

ボクタイ・デュマサバEp後シリーズ前半総集編『亡霊公爵と幽霊剣士』(BL/R18)

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=11315990

 

創作ハイファンタジー『スカーレッド 序 リトル・ヴィーナス』

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=11325681

 

 

ボクタイ既刊(特にBL本)については記載の通り、トリオキニでの申請数を優先して搬入します。

申請がない場合は各1〜2冊のみ持ち込むつもりですので、確実に欲しい方、あるいはご興味のある方はトリオキニのご利用にご協力ください。

https://triokini.com/user/Erzahler_b

 

 

※年齢確認が必要な作品も扱っております。お求めの場合は身分証のご提示にご協力ください。

 

 

〔当日掲示ポスター〕

 

 

 

そんなわけでオルスタの告知です。

今回欲張って4冊も(しかもジャンルバラバラで)作ってしまったわけですが、無理はするもんじゃなかったかもな……と今ものすごく反省しています。

ともあれ入稿してしまったもんは嫌でも出るので卓上のレイアウトをどうするか悩みながら当日を待ちたいと思います。

 

無料配布のしおり、ポスカSSなども用意する予定ですので、よろしければお立ち寄りください。

小説投稿サイトに出しています

  • 2019.07.19 Friday
  • 22:51

 

色々とやっていたら前回からかなり空いてしまいました。

 

何をしていたかっていうと、コミティアで出した本の続きを書いて完結させました。

本当は一年ぐらいかけてコツコツ書くつもりでいたんですが、どうもうまく頭の中が切り替わらず、集中できなくなってしまったので。

じゃあ、書いちゃうしかないじゃんって。

昔のようにいくつかのタスクを同時進行で処理できなくなっていたみたいです。元々そんなに器用な方ではないんですけど、器用にできると思い込んでたもんで。

 

一応、紙媒体の発行はもう決まっていてそっちのあとがきにさらっと書いたんですけど。

これを最後まで書けなかったら一次創作向いてないってことで本当に辞めようと考えました。

 

で、無事に書き上げられたからといって自信ついたかどうかと聞かれると……いやあ、駄目かな。

モチベ維持と宣伝を兼ねて遂にウェブ小説投稿サイトに手を出したのが原因っていうことになるのかな。

ランキングやアクセスPVというカタチで明確に「興味を持ってもらえたのかどうか」分かってしまう場所なので、仕方のないことではあるんですが、それでも落ち込みます。

要するにそんなに読まれてません。

エブリスタさんで一度、編集部が選ぶ新作セレクションに掲載していただけたのですが、「ウェブで読む」というレイアウトを意識しない状態で出していたので結果はそんなにふるってません。

 

そもそも内容的に今のウェブ小説の流行なんかには乗っていないし、紙で読むことを念頭に置いている意地と言いますか。

向いていないものを出したってそりゃ見向きもされないよね……などといじけたりしています。

もちろん、そんな中でもたいへん恐縮なレビューや評価を残してくださった読者の方もいらっしゃいます。だからこそまだ作品を下げずに踏ん張れているので、本当に感謝してもしきれません。

 

でもやっぱり、ひとつこなしたら次の成果が欲しくなってしまったりして。

そんなもん気にせず自分のやりたいことだけ見据えて出来たら良いのになって。

なんか、どうすればいいのかなって。

 

落ち込んでは開き直って、また落ち込んで。そんなことを繰り返しています。

そろそろ落ち着いてくれるといいんですけどね。暑さも本格化してきたのでしばらくは溶けて倒れてると思います。

 

 

そんなわけで宣伝。

『スカーレッド 序 リトル・ヴィーナス』(改題しました)、下記のサイトで読めます。

「スカーレッド」というシリーズものとしてはまだ始まったばかりですが、ひとつの物語としては完結しています。

良かったら見やすいサイトで、お時間のあるときにでも、覗いていってください。

なお今後の反応状況によって取り下げることもあります。今はどこが一番、合わないなりにも馴染める場所なのか探っているところですので。ご容赦ください。

 

小説家になろう:https://ncode.syosetu.com/n2702fq/

カクヨム:https://kakuyomu.jp/works/1177354054889614826

エブリスタ:https://estar.jp/novels/25483231

アルファポリス:https://www.alphapolis.co.jp/novel/761580114/168283848

 

 

それから次のイベント参加は9月のオルスタです。

既に新刊の準備は整っており、事前通販もBOOTHで受け付けております。

「リトル・ヴィーナス」の完全版も11月のコミティアに先駆けこちらで頒布予定ですので、よろしくお願いします。

 

BOOTH:https://erzahler-beni.booth.pm/

 

 

イベントの詳細はまた後日。

COMITIA128お疲れさまでした

  • 2019.05.12 Sunday
  • 20:36

 

 

連休明けに胃腸炎なのか薬の副作用なのかよく分からないけど相当酷い胃もたれ&吐き気に襲われ、

「これコミティア大丈夫なんかな……」とすごい不安に思っていたのです。

今日一日過ごしてみて、杞憂だったと分かりました。とても楽しかったです。

その節は発熱した相方ちゃんの代わりにヘルプに応じてくださったMさん、本当にありがとうございました!

きっと一人だったらあまりの緊張で胃に穴開けてた気がします。これ以上の消化器系の不調はやめてくれ。

 

というわけで、初コミティア、無事に終了しました。

リアルでは初めましての人、お久しぶりの人、普段と全く違う雰囲気と顔ぶれの中で、座っているだけでもかなり充実した時間を過ごせたと思います。

特に全く面識のない、通りがかりの方が興味を持って立ち読みしてくださったのがとても嬉しかったです。無配を持っていってくださった方、そして新刊を買ってくださった方もいて、その1冊のために今日はここへやってきたのかもしれない…なんて考えるぐらいには感激していました。その節は本当にありがとうございます!

 

「コミティア」という名前にもある通り、このイベントのメインはイラストや漫画だと思っています。

実際、今日の様子を見ていても、文芸島は人の往来があるだけで立ち止まる頻度はかなり少なかったかなと。

例年に比べて一般参加者がかなり多かったそうですが、それでもそんな感じ。これを見越してあえて「文芸」以外のジャンルで申し込んでいる人もいるのかなあと勉強になりました。

だから今日の1冊は本当に大きな1冊です。楽しんでいただけていたらいいな。

 

そんなわけで11月は文学フリマの方に出店しようかなと考えていたのですが、調べてみたらコミティアと同日開催な上にちょっとアクセスが悪いので、またコミティアに申し込むことになりそうです。「文芸」にするか「ファンタジー」にするかは考え中。

 

 

あと、本の装丁の話。

小説本は長時間触っているものなので、指先が飽きず、なおかつ疲れてしまわないよう、布っぽい質感の表紙にしました。コート紙だとどうしても指が滑るし汗でぺたぺたするので。

ミニッツGAにマットPPです。私のトレンドです。この組み合わせは最強。


 

 

本文用紙も今回キンマリではなく(発注した私自身すっかり忘れていたのですが)オペラクリームウルトラという紙にしました。ページ数が少なめなのでかさ増しができると思って。


 

結果的にびっくりするほど風合いがあたたかくてちょっとびっくりしてます。

何よりとじしろの部分にできる影がオレンジ色なんですよ!キンマリだとここ黄緑なんです!微妙なニュアンスの違いですけど。

感動しました。もうめちゃくちゃに。「すげー!オレンジだ!」って。

それを弟に熱く語ったら当然のことながら困惑されました。そうだよね。ごめんね変態みたいな姉で。

 

細かい版組のミスなんかはやっぱりあって悔しいけれど、理想以上の装丁に仕上がってくれて満足です。

BOOTHでさっそく通販受付中ですので、よろしければご利用ください!(最後に宣伝)

 →https://erzahler-beni.booth.pm/items/1307500

 

 

次のイベント参加は以前から言っているとおり、9月のALLSTAR9を予定しております。

300p規模の新刊(※再録集)が現時点で2冊、私を待っている……!

【イベント告知】COMITIA128/創作ファンタジー

  • 2019.04.30 Tuesday
  • 14:29

 

〔イベント開催情報〕

2019/5/12(日)

東京ビッグサイト青海展示棟A・B

「COMITIA128」

 

〔サークル情報〕

《Erzahler》

Aホール:F27b(文芸ジャンル)

 

〔おしながき〕

pixivサンプル(全文掲載版)→https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=11040165

BOOTH通販→https://erzahler-beni.booth.pm/items/1307500

※無料配布として、名刺サイズの栞と読み切りSSも用意する予定です。

 

 

 

気づけばいよいよ再来週末に迫って参りました。

ドキドキしてます。いつも以上に。手に取ってくださる人がいるのかもうすごく不安で。

 

ボクタイはオフで活動している方が少ないせいか(あと私が書いているものがニッチなんだと思う)、一日スペースに座ってて立ち寄ってくれた人一名とかいつものことで、慣れはせずとも「そういうもんだ」と割り切れているんですけれど。

既存作品の後ろ盾なんか無い、私の頭の中にしか存在しない作品を誰かに届けるって、思った以上に緊張する。

ともかくここから始めるしかないのでどうにかして知ってもらおうと努力はしてるつもりです。でもそれもなかなかうまくいきませんね。

 

 

ここからは愚痴っぽい独り言です。

Twitterでの「繋がりたい」や「作品紹介」タグって、やっぱり絵描きさんのためにしか機能しないと思ってる。

文字ばかりの画像を4枚貼り付けたところで見ず知らずの他人が興味を持って見てくれるか?っていうと、ほぼ否なんじゃないかな。

なので現実的な方法としては表紙とかを1枚選んで、作品URLを併記して、そこに飛んで読んでもらうこと……なんですけれど、それもみんな見ないじゃん。小説って読むのに時間かかるんですよ。で、その時間を割いている暇が無い。そしたら見ないよね。

いいなあ、イラストの即効性。

ここのところそんなんで「文字の疎外感」に打ちのめされちゃって、意識的にネットから離れてます。宣伝しなきゃいけない時期なんだけど。

 

元はイラストや漫画の表現力に憧れて、でも絵が上手くなかったので代わりに文字を書き続けて、結果ここまで来た人間なので、どうしても華やかな絵の界隈を羨ましく思っちゃう。

けれど、かといって今から絵を描く練習をして(既にしてるけど)漫画描けるようになってそれでいいかってのとはちょっと違う。

きっと私が一番自由に表現を展開できるフィールドは、文字。

 

だから、どうすれば文字ばかりの小説でも目に留めてもらえるようにできるか。

その方法を探すことが個人的な令和の課題です(なんか綺麗に平成最後っぽくまとまった)。

COMITIA128スペースいただけました

  • 2019.04.07 Sunday
  • 14:24

 

と、いうことで。

最初のちゃんとした記事はコミティア参加のお知らせです。

今回かなりの申込があったうえに会場変更の関係でキャパが小さい、という話を聞いていたのでドッキドキだったのですが、無事にスペースいただくことができました。

サークル名は【《Erzahler》(エルツィーラ)】です。普段同人で申請しているものと変わりません。変えようかなってちょっと考えたんですけどやめました。特段差別化する必要もないかなって。

 

以下、新刊情報です。

 

 

『スカーレッド Overture-翼を持たない雛鳥の話機

▼文庫版68p

▼Pixiv(全文公開)→https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=11040165

▼BOOTH(自家通販)→https://erzahler-beni.booth.pm/items/1307500

 

創作ファンタジーです。

スコアランドという世界を舞台に、雛鳥こと主人公ヘルヴォルが成長していく物語。

……の、本編前日譚の1巻目になります。すまん。コレ1冊では完結しません。

今年中には書き上げたいなと思っています。頑張ります。よろしくお願いします。

 

 

追記にちょっとした裏話というか、今回のイベント参加に踏み切る理由みたいなものをば。

若干この先のネタバレに繋がる内容が出てくるかもしれないのでご注意ください。

というか、書いてたらえらく長くなってしまいました。中身も中身なのでさらっと流し読みしてください。そんなにイイハナシじゃない。

続きを読む >>